ヘッダーー画像
 お知らせ と トピックス
「トピックス」へは、こちらから ⇒ 「トピックスへ」
お知らせ

「意見の広場」へ「弥生中期を終わらせた巨大地震」を掲載しました(H30.1.12)

H29年1月に「意見の広場:服部遺跡のミステリー」で「弥生中期末に大地をえぐるような大洪水が起きたのは2000年前の巨大震災? 」を投稿しました。この中で、2000年前の巨大地震で、弥生中期の社会が大きな被害を受けて歴史が変わった・・・と簡潔にまとめました。
従来の歴史の解釈を変える可能性のあるテーマであり、データを追記・補強して掲載します。確固たる歴史的事実があるわけではないのですが、数々の状況証拠を踏まえながら考察してみました。

是非ご覧ください。 こちらから ⇒ 「弥生中期を終わらせた巨大地震 」

「意見の広場」へ「 下長遺跡のミステリー 」を掲載しました(H30.1.12)

下長遺跡は弥生時代後期から古墳時代早期、卑弥呼が初期ヤマト王権を統治していた時代に、びわ湖水運および陸路との接続点となる一大拠点としてとして栄えました。
ホームページをまとめていて、卑弥呼との関係はどうだったのか? 興味があります。 遺跡の盛衰を見ていると、伊勢遺跡を引き継いで栄えたように見えます。「どんな関係だったのだろう?」と思う疑問が数々あります。
そのような不思議や疑問について、状況証拠を踏まえながら考察してみました。

是非ご覧ください。 こちらから ⇒ 「下長遺跡のミステリー」

「下長遺跡」のホームページを公開しました(H29.12.15)

下長遺跡は滋賀県守山市にある弥生時代後期〜古墳時代早期(卑弥呼政権の時代)にびわ湖水運の一大拠点として栄えた遺跡です。
独立棟持柱付大型建物(祭殿)や首長の居館、首長の権威を示す威儀具が多数出土しており、王権に関わる祭祀が執り行われていたようです。
卑弥呼政権とも密接な関係を保っていたと考えられています。

是非ご覧ください。 こちらから ⇒  下長遺跡バナー


伊勢遺跡・下之郷遺跡のモバイル版をアップしました(H29.10.1)

これまでに公開した弥生遺跡のホームページは、パソコンで閲覧することを前提として制作していました。
スマホやタブレットなどのモバイル端末でこれらのホームページを見た場合、画像が小さくて見辛かったり、拡大操作を数回行う必要があったりしました。
今回、表示幅が異なるモバイル端末に対応して画像の表示方法を変えるようにして、見やすく、操作しやすい「モバイル版HP」を制作し公開しました。
現時点では、 伊勢遺跡 と 下之郷遺跡遺跡
だけですが、その他のホームページもモバイル版を制作する予定です。
トピックス

 伊勢遺跡保存会研修会を開催(H30.4.22)

写真 伊勢遺跡保存会は遺跡研修会として、4月22日(日)に高槻市の今城塚古墳と隣接する今城塚古代歴史館をを訪問しました。
この今城塚古墳は学術的には「第26代継体天皇陵」と推定されます。継体天皇は滋賀県高島の出身で滋賀県人には身近に感じられます。私たちも小高い墳丘に登り、高さ広さを体感しました。
古墳周辺は市民がくつろげる憩いの場として、災害時の避難場所としても有効に活用されていました。
古代歴史館には「埴輪づくり」の体験教室、出土した埴輪、古墳の築造の実物大ジオラマ、葬送儀礼などの展示と巨大スクリーンの映像で学習することが出来ました。
(伊勢遺跡保存会 北田) 

「下長遺跡」ホームページ公開記念講演会 
 「イズモ王権は伊勢遺跡と関わるか?」を開催しました(H30.2.12)

ポスター
【日時】 平成30年2月12(月・祝) 午前14:30〜16:50
【内容】 第1部 14時30分〜15時
テーマ:下長遺跡ホームページの紹介
講 師:田口一宏(NPO法人守山弥生遺跡研究会 理事長)
第2部 15時〜16時20分
テーマ:イズモ王権は伊勢遺跡と関わるか?
 〜弥生後期の近江と山陰〜
講 師:森岡秀人氏(関西大学非常勤講師)
第3部 16時30分〜16時50分
考古学者に聞く
【場所】 ライズヴィル都賀山  1F レストラン ヴェルデュール
【主催】 NPO法人守山弥生遺跡研究会

【講演の様子】
「記念講演会」は、昨年好評だった「レストランを借切って、テーブルあり飲み物付き」形式での開催となりました。
昨年は募集定員60名を大幅に超える80名の方に参加して頂き、会場が混雑したため、今年は70名の参加者で締め切らせて頂きました。
下長遺跡HP概説、森岡氏の講演ともに新たな知見が得られたと好評でした。森岡氏の講演は「山陰:イズモ」からの視点でのお話で、「これまであまり聞く機会が少なかった地域の話が聞けた」と喜んでもらえました。
レストランの午後の空き時間を借りたため、時間的な制約があって、下長遺跡の紹介にあまり時間がさけず申し訳ございませんでした。

【講演の骨子】
「下長遺跡」ホームページ概説
講演風景 新しく制作された「下長遺跡」の誕生と遺跡の概要の話と、「下長遺跡のミステリー」の中から、水運とプレ東山道との陸運の接続拠点としての紹介がありました。一言でいうと「卑弥呼政権を支えた湖南の豪族」が下長遺跡です。
  • 弥生後期(伊勢遺跡時代)びわ湖水運の拠点として、また、プレ東山道(律令時代の東山道に先行する街道)との接続拠点として下長遺跡は造営された。
  • 古墳時代早期(卑弥呼の時代)、伊勢遺跡は廃絶されるが下長遺跡は水運/陸運拠点として栄え、卑弥呼政権を支える。
  • 出土する威儀具から、卑弥呼政権との密なる関係をもち、格の高い遺跡であったことが読み取れる。
  • 下長遺跡を流れていた川が埋没していき、水運拠点としての機能が果たせなくなって、衰退していった。
講演「イズモ王権は伊勢遺跡と関わるか? 〜弥生後期の近江と山陰〜
弥生後期の近江と山陰について、山陰(イズモ)〜近江〜近畿中央(ヤマト、カワチ)の遺構・出土物の比較から、当時の勢力関係を浮かび上がらせ、山陰と近畿中央の仲介勢力としての近江の位置づけを;
 @ここ30〜40年、歴史年代がクリアになった
 A鉄器の保有量から地域勢力の大きさが判る
 B銅製品からも地域勢力の大きさと地域間関係が判かる
 C集落構造から、地域性が判る
 D近江は、山陰勢とヤマト勢力の仲介を果たした
等の観点より紹介されました。
  • 鉄器の保有量は山陰が圧倒的に多く、近畿中央の数10倍もあり大きな勢力を誇っていた。近江は両者の中間地点にあり、水運・陸運の拠点として大和と山陰を仲介した。
  • 弥生中期の銅製品から見ても山陰は突出している。近江も多く出土している。山陰で銅製品を製造していた証左はなく、近江からはいろいろ出ている。近江湖南、湖東に一大銅製品工房があったと考えられる。
    伊勢遺跡や近江南部の遺跡の継続性も考え合わせると、中国史書にある「倭国」の前段階の「原倭国」が近江〜北近畿にあり、その中心が伊勢遺跡を核とする近江南部であろう。
  • 山陰の集落は丘陵地帯に広がっており、近江では平野部に広がっている。近江は農耕を基盤とした拠点集落が展開しており、山陰は大陸からの技術をもとに拠点集落が技術分担した社会システムとなっていた。
    近畿中央も平地に拠点集落が、ほぼ等間隔でネットワーク状社会を構成して交易をおこなう進んだ社会システムとなっていた。
  • 進んだ社会システムとなっていた近畿中央と山陰を仲介していたのが近江であろう。

公開勉強会
 「下長遺跡の時代」を開催しました(H29.11.19)

昨年度に続き、NPO公開勉強会を開催しました。
【日時】 平成29年11月19日(土) 午前10:00〜12:00
【内容】 第1部 10時〜10時20分
テーマ:下長遺跡ホームページについて
講 師:NPO法人守山弥生遺跡研究会 理事長 田口一宏
第2部 10時25分〜11時55分
テーマ:下長遺跡の時代 〜守山における古墳時時代の始まり〜
講 師:守山市分化財保護審議委員 大橋信弥氏
第3部 11時45分〜12時00分  質疑応答など
【場所】 駅前コミュニティホール  第3会議室
【講義概要】
第1部
・下長遺跡の紹介  ・服部遺跡との比較
第2部
・弥生後期の守山 −伊勢遺跡と服部遺跡−
・下長遺跡の時代 −近江における古墳時代の始まり−
・大岩山古墳群の形成 −湖南における古墳時代の始まり−

 滋賀ICT大賞2017で姉妹HP「服部遺跡」が優秀賞を頂きました(H29.6.20)

写真
滋賀県地域情報化推進会議が開催していたウェブサイトコンテスト「滋賀ICT大賞2017」で、姉妹ホームページ「服部遺跡」が地域活動部門の最優秀賞を受賞しました。
このコンテストは、滋賀県内の企業、地域活動団体、公共団体、個人等が運営しているウェブサイトで、滋賀の魅力を発信し豊かな地域社会を築くことに貢献している優れたウェブサイトを表彰するものです。
審査員の方から
「学術的な専門家が積極的に関わっているため、地域資産としての遺跡等の情報を丁寧にわかりやすくまとめたコンテンツのクオリティが極めて高く、評価できる点となっています。また、「意見の広場」が設けられ、学術の市民化に貢献している点について評価できます。
受賞者様は、昨年度も別遺跡のウ工ブサイトで最優秀賞を受賞されており、作りにいい意味の安心惑、安定感があります。この方向性を継続して、今後も頑張っていただきたいと思います。 」とのコメントを頂きました。
私どもがホームページを制作する基本的なスタンスが評価されました。



top