ゲストブック(感想、ご意見、質問などお書きください)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ (必須)  (ニックネームでどうぞ)
Eメール (任意)
タイトル (必須)
コメント (必須)
参照先 (任意)
投稿キー (必須) (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (任意) (記事メンテ用)

[16] お礼とご連絡 投稿者:在野一生 投稿日:2015/02/25(Wed) 16:06  

 先日のシンポジウムではお世話になりました。諸々貴重なお話を拝聴させていただき、大変勉強になりました。
 当日お渡しした資料の神系図が尾張の人向けの物であったため、記述に不備がありますので、以下の通りご訂正ください。
【天孫兄】櫛玉天火明命→子:天香語山命→孫:天村雲命→三世孫:倭宿禰(天御蔭志楽別命・三上山神、母は伊加里姫)→四世孫:笠水彦命→五世孫:笠津彦。
 私は、伊勢遺跡は倭宿禰の祭祀遺跡と思います。なお、守山市西の草津市「笠」地名は、四世・五世孫の神名と関係すると思います。
 また、何かの折にご案内いただければ幸いです。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

 


[15] Re:[14] 古代米(赤米、黒紫米)栽培法 投稿者:ヒロ 投稿日:2015/02/12(Thu) 17:40  

矢野Q さん
横浜で素晴らしい活動をされていらっしゃるのですね。
さて、お尋ねの件ですが、下之郷史跡公園で古代米を育てている活用団体「稲と雑穀の会」が情報と経験をお持ちです。
ただ、このホームページ(HP)とは別の「下之郷史跡公園と活用団体」(shimonogou.com)でその活動状況を発信していますので一度ご覧ください。
ご要望の件は、稲と雑穀の会の代表者に伝えますが、今後のこともあり、ご面倒ですが、上記HPの掲示板に投稿していただくのが良いかと思います。
よろしくお願いします。



[14] 古代米(赤米、黒紫米)栽培法 投稿者:矢野 Q 投稿日:2015/02/12(Thu) 11:36  

横浜で子供たちに科学の面白さを教えている者(73歳、男)です。小学生高学年の数人が古代米を育ててみたいと言い出しました。水田を設置するのが難しいため陸稲で育てられないか検討中です。貴方下郷で古代米を栽培されている記事を読み、いいアドバイスを頂けるのでは・・と思いメールいたしました。
どうかよろしくご教示頂けることを期待しております。


[13] Re:[12] 調べ学習にも使える! 投稿者:ヒロ 投稿日:2015/02/08(Sun) 18:03  

長髄彦 さん
投稿をありがとうございました。
伊勢遺跡の全貌を判りやすく発信するという思い、小中学生にも参考となるように、平易な言葉で
解説やイラストをいれて・・・という思いを汲み取っていただき嬉しい限りです。

「発掘の歴史」の疑似動画では30年かかってここまで判ってきたという、発掘の苦労が読み取っていただければと考えて作成しました。
50秒くらいの動画ですが、報告書からデータを引っ張り出し、場所を特定して、画像に落としていく、
実に1ヶ月くらいかかりました。これは無くてもいいようなものですが、30年という年月を目で見てもらえるように制作したものです。
最後のシーンがストップすれば良い、というご提案ありがとうございます。
改造の検討をさせていただきます。


[12] 調べ学習にも使える! 投稿者:長髄彦 投稿日:2015/02/07(Sat) 09:26  

素晴らしい内容のHPですね。
伊勢遺跡についてこんなに詳しく、読みやすいサイトは初めてです。
HP制作に携わった方々の、伊勢遺跡を守ろうという強い意思が伝わってきます。

特に発掘の歴史が年ごとにピンク色で示され、徐々に埋まっていく様子が興味深いです。
未発掘の場所がまだまだある――つまり今後も大いに期待できる! 
と期待させる作りですね。
(最後のシーンがストップすれば、プリントもできてなお見やすいと思います)

この内容なら、小中学校の調べ学習の研究素材としても役立つのでは!?
邪馬台国論争は未だ決着しておらず、
これをきっかけに、全国の子どもたちにも
伊勢遺跡の存在を知ってもらえることを祈ります。




[11] Re:[10] 伊勢遺跡の起源について 投稿者:ヒロ 投稿日:2014/11/27(Thu) 18:23  

朝1番 さん
投稿ありがとうございます。
徐福伝説は、日本各地にあり興味深いですね。
新徐福については知りませんでした。



[1] [2] [3] [4]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -